洗面台のリフォームはどのような点に注意すればいいの?

歯磨き、身だしなみ、洗顔、お化粧と、さまざまなことで使われる洗面台。そのため傷みやすいところであり、使い勝手にもこだわりたくなる場所なので、リフォームする際も数多くのコツがあります。洗面台のリフォームはどのような点に注意すればいいでしょうか。大事なポイントをまとめてみました。

大きく3つある洗面台の種類

「洗面台をリフォームしよう!」と思い立ち、近くのショールームに行ってみたら、その種類の多さに何を選んでいいのかわからなくなった、という人もいるでしょう。一見種類が多いように見えますが、洗面台は大きく次の3つに分けることができます。

ユニットタイプ

もっとも一般的な据え置きタイプの洗面台です。主なものは洗面ボウル、鏡、収納キャビネット、水栓金具、照明で、基本的にはすべて組み上がっていますが、好みに応じて、収納ユニットを追加できたり、洗面ボウルや水栓金具の形を選ぶことができる商品もあります。このタイプは普及版なのでラインアップも豊富で、多くのタイプから選ぶことができます。

システムタイプ

ユニットタイプが組み上がっているものを交換するイメージなのに対して、システムタイプはシステムキッチンのように、洗面ボウル、カウンター、収納ユニット、水栓金具、扉材などを好きなように組み合わせることができます。組み合わせはものすごい数になるので、オリジナリティの高い洗面台に仕上げることができます。いわばセミオーダーメイドのタイプです。

完全オリジナルタイプ

洗面ボウル、水栓金具、鏡など、すべてを自分で選んで組み合わせていく完全オリジナルの、世界で1つしかない洗面台です。作り手のセンスを最大限に発揮できるタイプで、和の工芸品を洗面ボウルとして使ったり、ヨーロッパ製のおしゃれな水栓金具を使ったり、タイルを張ってちょっとガウディ風に、といったことまでもできてしまいます。

洗面ボウルの種類と置き方

ユニットタイプは好きな色は選べますが、基本的には既製品から選ぶことになります。一方、システムキッチンやオリジナルキッチンは複数の製品から選ぶことになります。そのなかでも必須アイテムである洗面ボウルと水栓金具の選び方をお伝えします。
洗面ボウルですが、素材では陶器、樹脂、ホーローがあります。もっともよく使われているのは陶器で、価格がこなれていて、汚れもつきにくいのでメンテナンスが楽です。しかし、強い衝撃を与えるとヒビが入ったり割れてしまうことがあります。
樹脂は自由な形にできるのが大きな特徴で、デザイン性にすぐれた洗面ボウルを作りやすく、ヒビや割れの心配もなく、価格もそれほど高くはありません。ただ、陶器と比べると汚れや傷に対して弱く、シミができることもあります。
ホーローは、表面がガラス質になっているので見た目が美しく、汚れもつきにくいのが大きな特徴です。ヒビや割れはまず起こりませんが、表面のガラス質がはがれてしまうことはあります。
洗面ボウルの置き方は、カウンターの上に置くタイプ、半分だけ埋め込んだもの、完全に埋め込んだもの、壁につけたものなどがあります。置くタイプは洗面ボウルの形が楽しめ、埋め込むタイプは、空間をすっきりさせたい場合に最適です。

小さくても存在感のある水栓金具は大事なポイント

次に水栓金具です。まず、よく使われているのが「シングルレバー」と呼ばれるもの。1つのレバーで温度を調節できるタイプで、操作性が高いのが特徴です。
また、手をかざすと自動的に水が出てくる「自動水栓」もよく使われます。レバーをさわらないので衛生的というメリットがあります。
「ホース引き出し式」もメジャーです。ホースを引き出せるので洗面台で髪の毛を洗うことができるタイプです。
水栓金具は小さいながらも存在感があるため、デザイン性の高いものを選ぶと空間がとても引き立ちます。国内製はもちろん、デザイン性のすぐれた欧米製の水栓金具もあり、アンティークものも多く出回っているので、そうしたものを選んでみるのも方法です。

洗面台の施工時の注意事項

洗面台の施工でいくつか重要なポイントがあります。
1つはコンセントの数。ドライヤーや髭剃りなど、いろいろとコンセントが必要になるため、できるだけ多くコンセントをつけておきましょう。2つ目は収納。歯ブラシ、メガネ、コンタクトレンズ、化粧品、せっけんなど、洗面台は小物を多く使う場所です。細かいものを入れられる収納スペースを設けておくと何かと便利です。
3つ目は洗面台の高さ。1人暮らしならショールームで確認して一番使いやすい高さのものを選べばいいのですが、家族がいる場合、悩ましいところです。家族の身長にもよりますが、一般に155cmの人は75cm、165cmの人は80cm、170cmの人は85cmが使いやすいとされていますので、それを参考に高さを決めましょう。

工事費込みで10~40万円が相場

洗面台のリフォームの費用は工事費用を入れて10~40万円で、だいたい20万円前後です。廉価版のユニットタイムであれば標準取付工事費込みで10万円ほどで済みます。
なお、ユニットタイプよりシステムタイプのほうが価格が高く、オリジナルタイプはそれこそピンキリになります。
また、洗面台を替えるついでに周辺の工事、例えば壁紙を替える内装工事などを行えば、その分の工事費がプラスされます。

ショールームに足を運んでみよう

洗面台を替えるだけの場合、業者選びはそれほど神経質になる必要はありませんが、事前に見積もりをとって相場を大きくかけ離れていないか確認しましょう。壁や床の工事も考えている場合は、必ず相見積もりをとって業者を選びましょう。
「HUNDY(ハンディ)」では、洗面所リフォームに対応できる業者をご紹介していますので、気になる業者がいましたらダイレクトに依頼することもできます。
また、洗面台は数多くの種類があるので、いくつかのショールームに足を運んで実物を確認してみましょう。