トイレの内装リフォーム。 壁紙などの素材選びがカギ

トイレのリフォームは、便器を交換するだけでもリフレッシュできますが、せっかくならば、壁や床などの内装も替えて一新したいものです。
トイレは狭い空間なだけに、好みのスタイルを取り入れやすいですし、遊び心を加え、他の居室とは違った個性的な演出を試みるのも楽しいかもしれません。
しかし、どのような素材を使ってもよいかというと、その点は注意が必要です。

内装材選びでの失敗は、こんなところに

たとえば次のようなことも起こり得ます。
壁はクロス貼りにすることが多いかと思いますが、クロスの種類にも様々あり、風合いがよいからと和紙などを用いた紙クロスや、麻や絹などで織られた織物クロスなどを選ぶと、手入れに手間取ることになります。水はねなどはシミになりやすく、汚れがついた場合も濡れタオルでゴシゴシと拭くことはできません。
床も、「無垢フローリングにしたいわ」と居室と同様の無垢材を張った場合、水はねはやはりシミになりやすく、数年経つとマットの跡が付いて取れなくなる、ということにもなりかねます。
トイレについては、リビングや寝室などの居室と違い、掃除のしやすさと清潔を保つことを第一に、内装材を選びたいものです。

トイレの壁紙、どう選ぶ?

トイレでオススメの壁紙はビニールクロスです。ビニールクロスは、丈夫で拭き掃除がしやすく、豊富なデザインが揃っています。その中でも「機能性壁紙」と呼ばれる種類があり、それは消臭、調湿、防カビ、抗菌、汚れ防止など、様々な機能が付加されています。
臭いや菌の繁殖を抑えたいトイレには、適した壁紙といえるでしょう。毎日の掃除もラクになりますし、何より日に何回も使うトイレですから、短い時間であっても快適に過ごすことができます。

色や柄で視覚的な広さが変わる

先述したように、個性的な内装を楽しみたいという人もいるでしょう。そこでやってみたいのが、機能性壁紙にデザイン性の高い壁紙を組み合わせてコーディネートすることです。無地の機能性壁紙に対して、壁の一面のみ好きなデザインの壁紙を取り入れれば、雰囲気が一変することでしょう。
トイレは狭い空間なので、色にも注意してください。黒や茶などの濃い色を選ぶとシックで落ち着きは出ますが、狭さを感じさせ、白をはじめとする淡い色ならば広さを感じることができます。壁紙の柄に関しても、大きな柄と比較すると、小さな柄の方が空間を広く感じさせます。

トイレの床材、どう選ぶ?

床に対しても、耐水性だけでなく耐アンモニア性をもつ、掃除がしやすい床材が理想です。無垢材や合板フローリングなどの木製の床の場合は、アンモニアによるシミと、また長年それが蓄積することで、臭いが取れなくなる可能性があります。
よって、選ぶなら、耐水性のあるクッションフロアやフロアタイルがオススメです。シンプルなものから、フローリング調、タイル調、大理石調など、様々な種類と色が揃っているので、好みのものを見つけやすいのではないでしょうか。
タイルですが、一般的には吸水性の低い磁器タイルがトイレにはよく使用されます。タイルは水にも汚れにも強いのですが、デメリットといえば冬場は冷たくなってしまうこと。コストも他の素材よりも高いといえます。

トイレリフォームの相談は「HUNDY(ハンディ)」に登録しているトイレリフォームに対応できる業者が力になります。