中古住宅をリフォームして理想の住まいに!

最近よく聞く「リノベーション」って何?

ライフスタイルやデザインにこだわりのある方たちの間では、建売住宅や新築マンションの一般的な間取りとデザインには飽き足らず、もっと自分らしい住まいを手に入れたいという声がよく聞かれます。
0から住宅をオーダーするにはちょっと予算が足りないという場合、中古の戸建て住宅やマンションを購入し、自分スタイルにリフォームをするという手もあります。インターネットや雑誌で「リノベーション」の記事を探してみたら、スタイリッシュでユニークな住まいの事例を目にすることでしょう。中古物件を大がかりな工事で改修する「リノベーション」は、住宅選びのひとつの選択肢として注目を集めています。

中古物件はどうやって選べばいいの?

リフォームを前提として中古住宅を選ぶなら、「リフォーム済」の物件よりも、「現状引き渡し(売買前に改修する予定がない物件)」を選んだ方が、予算を抑えることができます。リフォーム済の場合は壁紙や水まわり機器などの入れ替えが終わっており、一見きれいに見えますが、当然その分のコストが価格に含まれているためです。不動産屋に物件探しを相談する時は、「リフォーム前提」であることをあらかじめ告げておきましょう。
「現状引き渡し」物件を購入する場合、見たままの空間ではなく、リフォーム後の住まいをイメージする力が必要となります。例えば壁紙や天井、床材が傷んでいたとしても、張り替えればきれいになりますね。リフォームしたらイメージ通りの空間になるのか、間取りは変更できるのかなど、改修プランを考えながら物件をチェックしましょう。

中古物件は「見えないところ」が重要!

中古物件を購入する場合は、物件の下見だけでは見えないところが重要ポイント。例えば建物躯体や土台などは購入前にしっかりチェックして、問題がないか確認しておかないと、リフォームで予想以上にコストがかかったり、入居後住まいのトラブルが発生したりすることがあります。できれば専門家に依頼して、しっかりチェックしてもらうのがベター。リフォームを依頼する会社が決まっている場合、物件探しの段階から相談して、イメージしている住まいに改修できるかどうか、専門家の目から見てもらうのもおすすめです。

中古マンションの場合は、管理組合がしっかり機能しているかどうかがポイントに。例えばエントランス部分がきれいに清掃されているか、郵便ポストに郵便物があふれてしまっていないか、ゴミ捨て場がきれいに使われているかなどをチェックしておくと、入居後の生活がスムーズです。マンションの場合、毎月管理組合に支払う「修繕積立金」が必要になりますが、積立状況や修繕計画についても、管理組合に確認しておきましょう。

予算オーバーにならないコツは?

リフォームプランを考え始めると、あれもしたい、これもほしいと夢が広がりますが、大きな改修工事が必要なプランは、当然コストが高くなります。物件を選ぶ時は、リフォームプランと改修コストについても考えながらチェックしましょう。
例えば、古いユニットバスから新しいユニットバスへ交換する工事はそれほどコストも工事期間もかかりませんが、浴室の位置を移動させるとなると配管工事が必要となり、コスト高の原因となります。同じくキッチンやトイレといった水まわりの移動は、コスト高になるだけでなく、物件状況によっては移動できないケースもあるので要注意。あらかじめ専門家にチェックしてもらいたいところです。
洋室をそのままリフォームする時は、壁紙や床材の張り替えだけで済みますが、和室を洋室にリフォームするとなると、畳の床をフローリングに張り替え、建具なども一新する必要が生じるため、コスト高になりがちです。

間取りは自由に変えられる?

古い物件では細かく部屋が分かれている間取りが多く見られますが、最近では間仕切りの壁を取り払い、広い空間として使うプランが人気。ただし、古いマンションなどでは壁の一部が「耐力壁」となっており、取り外すことができません。実際に物件を購入してから「希望のプランができない」といった事態にならないよう、構造そのものもチェックしておきましょう。

信頼できるパートナーを探そう!

新築物件を購入するのとは異なり、中古物件を購入してからリフォームをするケースでは、物件を選ぶ目と、信頼できるパートナーが必要です。物件を購入する段階で専門的な意見が必要となることも多いので、あらかじめリフォームを依頼するパートナーを決めたうえで、相談しながら物件を選ぶのも一案です。
「どこにリフォームを依頼すればいいかわからない」という声もよく聞きますが、予算はもちろん、これまでの実績や評判なども重要なポイントに。例えばインターネットの検索サイトを利用して、過去の実績や評判などをチェックしてから依頼すれば安心です。リノベーションに対応できる業者を数社ピックアップし、まずは相見積もりをとることをオススメします。信頼できるパートナーを見つけることこそ、理想の住まいを手に入れる第一歩です!