和室リフォーム!部屋を完全に洋室化する場合の費用は?

ライフスタイルの変化に伴って、昔ながらの和風の部屋は減りつつあり、和風をリフォームしてまったく新しい部屋にする人が多くなりました。ただ、和室のリフォームといってもさまざまな選択肢があり、何を選択するかによってリフォームのコツも変わってきます。和室リフォームのキモを学んでいきましょう。

リフォームの方向性を決めよう

和室のリフォームで一番問題になるのは、和室をどのようにリフォームするか、ということです。和のテイストを残して和モダンのようにするのか、床だけをフローリングにするのか、あるいは、床だけでなく壁紙も新しくするなどして洋室にするのか、押し入れをクロゼットにするだけなのかなど、さまざまな選択があります。最初に決めるべきことはこのリフォームの方向性です。ただし、当然ながらリフォームの範囲が広くなればなるほど費用も高くなっていきます。

畳だけを替えたい場合

和室のリフォームでもっとも簡単なのが畳替えです。畳を替えるというと、すべてを新しい畳に交換するイメージがありますが、畳は表だけでなく裏も使えるので、「裏返し」といってそのまま裏返す方法があります。また畳は土台と呼ばれるボードの表面にイグサのシートが張られていますが、この表面を取り替えるだけの「表替え」もあります。表面も土台も傷んでいる場合にはじめて新畳に交換することになります。
裏返しは1畳4,000円前後、表替えはイグサのグレードによって異なり1畳5,000~10,000円ほど。新畳は1畳12,000~20,000円ほどです。
なお、畳にも正方形の琉球畳や色がついたデザイン畳もあり、色が異なる畳を張ることで市松模様のように見せることもできます。

押し入れをクロゼットにするリフォーム

住まいの洋風化に伴って、昔ながらの押し入れをクロゼットにするケースが増えてきました。このリフォームでは、押し入れを分けている仕切りを撤去し、クロゼット用の間仕切りや天板、衣類をかけるハンガーパイプなどを新たに取り付ける工事を行います。押し入れは通常は引き戸ですが、クロゼットは全面を開くことができる折れ戸であることが多く、使い勝手を考えるなら折れ戸も一考したいところです。
費用は折れ戸にするしないなどによっても変わりますが、15~25万円といったところです。

和のテイストを残した場合

和のテイストを残す場合、大きく2つの方法があります。1つは畳をフローリングにするだけの方法。もう1つは、畳を活かして和モダン風などにする方法です。
畳をフローリングにするリフォームは比較的オーソドックスなもので、畳と畳寄せを取り除いたあとに、畳分の厚さを底上げする木工事を行ってフローリングを張っていきます。
フローリング材は「合板フローリング」と「無垢板」があります。合板フローリングは合板の上に木目柄などのシートを張ったもので、狂いにくいのが特徴で価格も比較的安価です。無垢板は値段こそ張るものの自然の風合いがあり、最近は無垢板にする人が増えています。
床材に何を選ぶかによって価格も異なりますが、6畳であれば20~30万円ほどでできます。
和モダン風などにする場合は、壁もいじることが多く、壁紙(クロス)を黒やエンジなど色にしたり、畳も全面に張るのではなく、部屋の一部分だけを畳にして残りをフローリングにするのも一案です。また、照明器具も重要で、昔ながらの丸い蛍光灯ではなく、イサム・ノグチ風の和紙を使った白熱電球などにすると、空間がぐっとおしゃれになります。
費用はそれこそピンキリですが、50~100万円はみてきましょう。

部屋を完全に洋室化する場合のリフォーム

和のテイストを一切なくし完全に洋室化する場合、もっとも大がかりなリフォームとなります。畳、壁、照明器具、場合によっては天井もいじることになるからです。また、襖で仕切られている部屋に壁を設けてドアにしたい、というような場合はさらに大がかりになります。当然、お金も時間もかかりますが、和の雰囲気がなくなるため、まったく新しい空間をつくることができます。
大がかりのリフォームの際は、これまで困っていたことをついでに解決してしまうのも手です。寒い部屋なら堀ごたつにしてみたり、部屋の一角を高くしてくつろぎの場として利用しながら、その下に収納スペースを設けて収納不足を解消するといったことも考えてみてもいいでしょう。
費用は50~120万円くらいはみておいたほうがよいでしょう。

リフォーム範囲が広い場合は業者選びは慎重に

畳を替えるだけなら畳業者にお願いするだけで済みますが、それ以外の場合はリフォームの範囲、使う素材などを正確に伝えて、同じ条件で見積もりをとりましょう。特にリフォーム範囲が広い大がかりな場合は金額も差が出てくるので、注意が必要です。
「HUNDY(ハンディ)」では和室リフォームに対応できるリフォーム会社を紹介してくれて、そのなから気に入った業者に直接施工をお願いすることができます。