夏も冬も快適に!断熱リフォームをするメリット

快適な家とは、どんな家でしょう。いろんな理想はそれぞれにあるとは思いますが、過ごしやすい室温を保てることが欠かせないことではないでしょうか。そのためには、断熱がポイントになります。断熱材やリフォームの方法を知り、自分に合った断熱リフォームを探してみましょう。

過ごしやすい家には断熱が欠かせない

「夏は暑く、冬は寒い」当たり前のことではありますが、家の中の温度は、外の気温に大きな影響を受けます。夏には冷房、冬には暖房を付けていても、「なんだか家の中が適温にならない」と悩んでいる人もたくさんいます。それは、もしかしたら家の断熱機能が充分でないことが理由かもしれません。
断熱材は、外の気温の影響を家に伝えにくくするだけでなく、冷房や暖房で適切な温度にした時に、外に熱を逃がさないという効果もあります。
室内で夏涼しく、冬暖かく過ごすためには、もはや断熱は欠かせないものになっているのです。

断熱リフォームの施工種類

今、行われている断熱リフォームの多くは、柱の外側から断熱をする「外張り断熱工法」、柱と柱の間を埋めるように断熱をする「充填断熱工法」で行われています。
どちらもメリット・デメリットがあるので、どちらが自分のやりたい工法なのかを確認しておきましょう。
外張り断熱工法のメリットは、家をすっぽりと囲むように断熱材を設置するので、壁の中の空間を残すことができます。配線や配管を通すことが容易であること、柱の外側から断熱するので、機密性も高くなります。一方、デメリットとして、充填断熱に比べるとコストが割高になることや、重みで剥がれてしまう可能性があるので、断熱材をあまり厚くできない点も挙げられます。
充填断熱工法は、外張り断熱工法と比べてコストが安いこと、壁の中のスペースを有効活用できること、断熱機能が経年劣化しにくいというメリットがあります。気密性は外張り断熱工法に比べると低いため、結露なども起こりやすいというデメリットもあります。

断熱材の種類と効果

家に使われる断熱材は、大きく分けるとグラスウールなどを代表とする「繊維系」、硬質ウレタンフォームを代表とする「発泡プラスチック系」の2つに分けられます。
繊維系は、極細のガラス繊維でできた「グラスウール」、綿や新聞紙、ダンボールが原料の「セルローズファイバー」、羊毛で作られた「羊毛断熱材」、廃材チップをボードにした「インシュレーションボード」などがあります。
発泡プラスチック系はブラスチックにガスを泡状に入れた「硬質ウレタンフォーム」、ポロスチレンを金型で成形する「ポリスチレンフォーム」、フェノール樹脂を発泡させた「フェノールフォーム」などがよく使われています。
それぞれの素材によって細かい特徴が違いますが、大まかな特徴として、繊維系の断熱材は防火不燃効果が高く、防音吸音にも効果があります。発泡プラスチック系は、防湿性が高いこと、現場での加工がしやすく、複雑な形にも対応がしやすいという特徴があります。
また、グラスウールはシロアリの食害に強いという効果があったりもするので、断熱材の特徴を知って、どの断熱材を使うのかにこだわってみても良いでしょう。

断熱リフォームのメリット・デメリット

断熱リフォームは施工前に、メリット、デメリットを知っておくことが大切です。デメリットを知らずに進めてしまって、後悔することのないようにしましょう。
断熱リフォームをするメリットは、過ごしやすい家を作れること。夏涼しく、冬暖かい家になれば、快適に過ごせるだけでなく、体調管理もしやすくなるでしょう。また、熱効率がよくなるので、エアコンやヒーターを使う量が減り、光熱費が削減できます。
デメリットとしては、断熱には気密性が重要になりますが、この気密性が高くなることで、ハウスダストや化学物質が外に出ることができません。今は、化学物質が発生しにくい建材使用、換気扇の設置などが義務付けられています。しかし、敏感な人の中にはそれでもシックハウス症候群になる方もいます。さらに、高気密な家だと石油ストーブなど可燃性の暖房を使う時には、定期的な換気を意識しないと一酸化炭素が発生してしまう可能性があるので、注意が必要です。

断熱リフォームはどれくらい費用がかかる?

断熱リフォームは、部分的に行えるものから、家全体を断熱するかによって、費用は違います。一部の窓を2重窓や内窓を付ける断熱リフォームは5万~10万円ぐらいから、部分的に断熱材を入れる場合などは、20~30万円ぐらいからリフォームを行うことができます。
では、全体的な断熱リフォームをする場合はどうでしょうか。
一般的な住宅で充填断熱工法を行う場合、150万円~200万円程度。外張り断熱工法の場合は、400万~500万円程度の金額がかかります。
「やっぱり費用がかなり掛かるのだな」と諦めてしまう人もいるかもしれませんが、一定の省エネ基準を満たしたリフォームに対しては、国や市長損から減税や補助金が給付してもらえます。こういった制度も使って、お得にリフォームをしてみてはいかがでしょうか。

マンションでも断熱リフォームってできる?

「マンションでは断熱リフォームができるのだろうか?」と疑問に思う人も多いはずです。既に作られているマンションの部屋では、壁や床の断熱を行うのであれば、外張り断熱工法は難しく、充填断熱工法で行うことがほとんどです。
また、断熱材も乾式と呼ばれているボード状になった断熱材を利用することが多くなります。泡ウレタンなど充填して硬化させる湿式と呼ばれる断熱材は、高層に住んでいる場合は、ホース配線などの問題で使うことができない場合もあります。

壁や床だけではない断熱リフォーム

断熱リフォームというと、壁や床、天井など大きなリフォームを思い浮かべがちですが、窓の断熱リフォーム、玄関の断熱リフォームなど、部分的なリフォームもできます。
窓の結露が気になる人は、2重窓や内窓を取り付けるなどの断熱のリフォームもできます。冷気や暖気が入り込みやすい窓や玄関は、変えると断熱の効果が実感しやすい部分でもあります。
家族が暑さや寒さに悩みを抱えることなく、居心地の良い家を作るためにも、断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。