「使い勝手+おしゃれ」を実現するアイランドキッチンにリフォーム

料理教室のようなおしゃれなキッチンで毎日料理ができたら…と想像したことはありませんか?その理想が実現できると人気なのが「アイランドキッチン」です。広々とキッチンを使えるため、古くなったキッチンのリフォームのアイデアとして注目を集めています。

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンはシステムキッチンが壁に接していないことが特徴です。まるで島のようになっているキッチンがあるのです。壁側に収納や家電を配置することで、キッチンを広々と使うことができるのも人気の一因でしょう。また、部屋全体を見渡すことができ、周りからもどんな作業をしているのかが見えやすいので、料理教室などでも、よく採用されています。
アイランドキッチンには、さまざまな種類の物があり、コンロ+シンク+天板が一体になっているもの、天板+コンロ、天板+シンクなどもあるので、キッチンの広さと自分の動線を考えながら、どんなタイプのアイランドキッチンがベストなのかを考えていきましょう。

システムキッチンにはどんな種類がある?

システムキッチンの中でもアイランド型と呼ばれるものがアイランドキッチンと呼ばれています。では、アイランド型以外には、システムキッチンにはどんな種類の物があるのでしょうか。
システムキッチンには、壁に沿ってまっすぐに設置されるI型、途中で90度に曲がっているL型、2つに分かれているセパレート型、そしてアイランド型あります。それぞれにメリットがあり、I型は壁に向かって料理を作るので、集中しやすく、クッキングスペースをまとめることができます。L型もコンパクトにキッチンスペースをまとめ、少ない動線で作業ができます。セパレート型はスペースを広く取ることができるので、複数人で料理をすることが多いときにも便利に使えます。
対面型のキッチンにしたいからとアイランド型を望む人もいますが、L型やセパレート型でも、対面キッチンにすることができます。イメージだけで選ぶのではなく、自分に合うシステムキッチンはどのタイプなのかを調べてみましょう。

アイランドキッチンは間取りが重要

スタイリッシュで素敵なキッチンに憧れる人は多いため、リフォームするときに「アイランドキッチンにしたい」と思う人もいるはずです。
しかし、使い勝手の良いアイランドキッチンにするには、実は間取りが重要なのです。
そもそもキッチンが広くない場合、アイランドキッチンにリフォームすると、通路や収納との間隔が充分に取れない可能性があります。それでも無理をしてアイランドキッチンにすると、使い勝手の悪いキッチンになってしまうリスクがあります。
リフォームでアイランドキッチンにしたいと考えるのであれば、充分な部屋の広さ、通路の確保、動線を意識した間取りに気を配る必要があります。

狭いキッチンではアイランドキッチンは無理?

前項で紹介したように、アイランドキッチンはある程度の広さが必要と説明しました。では、狭いキッチンでは快適なアイランドキッチンは実現できないのかというと、キッチンのサイズを工夫すれば、充分可能です。
一般的なシステムキッチンの中で、壁を背にした形で設置されるI型のキッチンは、横幅は150センチぐらいのものから300センチを越える物までさまざまなサイズの物が販売されています。
アイランドキッチンもメーカーによってさまざまなサイズ(寸法)のものが用意されており、部屋のサイズに合わせて選ぶことができます。キッチンが狭い場合、シンク+天板だけのものや、コンロ+天板だけのものなどもあるので、選び方によってアイランドキッチンを実現することができます。本当に使いやすい間取りにできるかどうかも確認して、サイズを選ぶようにしましょう。

アイランドキッチンの価格の目安とは?

リフォームの際に「どれくらいの金額がかかるのか」は気になる所です。設置するアイランドキッチンのサイズや本体の素材などによっても価格は大きく変わりますが、アイランドキッチン本体価格としては50万円程度からラインナップが揃っていることが多いようです。
ここで注意しておきたいのは、アイランドキッチン本体の価格+工事費がかかることです。
アイランドキッチンは水道やガス、電気などを通すことに加え、コンロをアイランド側に設置する場合には、換気扇の新規設置も必要です。そのため、通常のシステムキッチンを設置するリフォームよりもアイランドキッチンのリフォームの方が割高になります。
多くの場合、アイランドキッチンのリフォームでは、150万円~250万円程度が相場になっているようです。

アイランドキッチンのメリット・デメリット

アイランドキッチンにリフォームをする前に、メリットとデメリットを知っておくこと大切です。
メリットとして最初に挙げられるのは、開放感です。遮るものがないので明るく、広々とした空間の中で調理を楽しむことができます。リビングの様子に目を配ることができますし、広いからこそ家族と一緒に料理づくりを楽しむこともできます。また、壁側に大きな収納を設置すれば、ものが増えがちなキッチンでも収納スベースに困らないこともアイランドキッチンを好む人が増えている理由です。
一方、デメリットとしては、アイランドキッチンを設置して、周りに通り抜けられる通路や収納を引き出すスペースを確保するためには、広い空間が必要なこと。また、ダイニングやリビングに目が届くがゆえに、料理の臭いや油ハネなども広がりやすいことも挙げられます。
いかがでしょうか?メリット・デメリットを知った上で、アイランドキッチンのリフォームを検討してみましょう。
料理は毎日のことだからこそ、デザイン性の高さだけでなく、使い勝手の良さも譲れない人も多いはずです。部屋の中心にキッチンを置いたアイランドキッチンで、使い勝手の良い、素敵なキッチンを実現してみてください。