アイランドキッチンの寸法はどうやって決めるの?

外国のテレビドラマや映画などでよく見かけるアイランドキッチン。広々としたその空間に憧れを抱いている人は多いでしょう。ただ、アイランドキッチンはほかのキッチンとはまた違った注意点やコツがあります。ここでは、アイランドキッチンのメリット・デメリットのほか、アイランドキッチンのキモともいえる「寸法の決め方」にも迫ってみたいと思います。

アイランドキッチンとは

 

そもそもアイランドキッチンとは、空間の中に「島」のように独立した形で存在することからそのように呼ばれています。通常のキッチンは壁際に配置されていたり、対面式でも上に吊戸棚があったりしますが、アイランドキッチンは吊戸棚がないので、キッチンとダイニング、リビングが一つになったような空間をつくることができます。アイランドキッチンと似たものに「ペニンシュラ(半島)型」と呼ばれるものがありますが、これは一部が壁に接して半島のようになっているタイプで、アイランドキッチンのような周回性はありません。

アイランドキッチンのメリットって何?

先に少し触れたように、アイランドキッチンのメリットの一つはその開放感にあります。対面式でも吊戸棚があるとそれが「壁」のように空間に立ちはだかってしまい、空間を狭く見せてしまいますが、アイランドキッチンにはこの「壁」がないので、空間を一つにつなげることができるのです。
さらにこの開放感は、会話のしやすさにもつながります。キッチンからはもちろん、LDからもキッチンにいる人の様子がそのまま見えるので、コミュニケーションがとりやすく、会話もはずみやすくなります。
また、周回性があることも大きなメリットです。「島」なので、その周りをグルグルと回ることができ、パーティなどでも自然とキッチンの周りに人が集まりやすくなります。
さらに、美しい空間をつくるのにも大きな役割を果たします。家の中心部に近いところに配置されるので、高級感があったりセンスのあるアイランドキッチンを置くことで、空間をグっとおしゃれにすることができます。

アイランドキッチンのデメリットって何?

開放感などの多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。まず挙げられるのが、水や油のはねが床に飛び散ってしまうことです。開放的なことが逆にアダとなってしまっているともいえますが、このデメリットを克服すべく、シンクやコンロの前に小さな壁を設けるといった工夫が施されることもあります。

また、料理の匂いが部屋中に充満することがあります。この欠点を防ぐために、比較的匂いが充満しにくいIHクッキングヒーターを設けたり、大き目のレンジフードを選ぶといった対策が施されることもあります。
もう一つが、食べたばかりの食器などが目に付きやすいという点です。空間の中心部に近いところにあるために起こる現象ですが、小まめに洗うなどの対策が必要になります。

アイランドキッチンのサイズはどう決めるの

こうしたメリット、デメリットを理解したうえで、最終的にアイランドキッチンを選んだとします。その際に最も注意すべきはそのサイズ、寸法です。
アイランドキッチンのサイズでよくある失敗が、空間とのバランスの悪さです。狭い空間に大き目のアイランドキッチンを設置してしまうと、キッチンばかりが場所をとってしまい、肝心のくつろぐ場所であるリビングが狭くなってしまったというケースがあります。こうした失敗を防ぐためにも、アイランドキッチンを設ける場合は、ある程度の広さの間取りを確保したいところです。8帖でもできないことはありませんが、できれば10帖以上はほしいところです。

 

アイランドキッチンの特徴の一つは、先にお伝えしたように周回性ですが、人が通るには最低限の幅が必要になります。ただ通るだけなら30cmでも通れないことはありませんが、ゆとりをもって危なげなく通れるようにするには、最低でも80cmは必要で、できれば、90cm、100cmくらいあるとゆとりが出て動きもスムーズになります。
また、向き合って複数で作業することなどを考えると奥行があったほうがよいため、100cm前後あるとゆったりと作業することができます。
横幅は200~280cmのものが主流ですが、150cmほどのものもあるため、狭い部屋でもアイランドキッチンを実現することはできます。当然大きくなればなるほど価格も高くなり、またLDKの大きさによっても横幅を変える必要があるため、施工業者とも相談しながら、LDとのバランスが悪くならないかを見て横幅を決めましょう。

業者選びはアイランドキッチンの経験のあるところに

新築でアイランドキッチンを設ける場合はそれほど問題になりませんが、リフォームでアイランドキッチンにしたい場合、給排水管などを移動させる工事が必要になるため、ある程度アイランドキッチンの経験のある業者のほうが安心です。