屋根・外壁に遮熱塗料を塗って、室内の気温上昇を抑える!

暑い夏、「エアコンをつけてもなかなか涼しくならない」、そんな悩みはありませんか? それは、太陽光に含まれる近赤外線が建物表面の温度を上昇させるため、その熱が家の中に侵入するからです。対策のひとつとして、屋根や外壁に遮熱塗料を塗布する方法があります。

遮熱塗料の役割とは?

夏の熱い日差しは窓から入ってくるだけでなく、建物の屋根や壁からも室内に入り込んできます。特に屋根は、暑さがピークになる時間帯では表面温度が60℃にもなることも。その天井を伝って入ってくる熱も、居室全体を暑くする要因となっているのです。
そこで屋根に遮熱塗料を塗ることで、屋根の表面温度を最大−15〜20℃低減することが可能になります。
この「最大−15〜20℃」ですが、それは屋根の温度なのでお間違えなく。実際の室内温度は約2~3℃程度下がるといわれています。少ない温度差のように思えるかもしれませんが、体感温度としてその差は大きなものです。

こんな家が暑い! 遮熱塗料が効果を発揮しやすい家

夏場、暑くなるのはどの家も同じですが、しかしそこには差があります。
環境によっても違いますし、使っている素材、太陽光の当たり具合によっても差が出てきます。
ここではどのような家が暑くなるのかみていきましょう。
つまり、暑くなる家ほど、遮熱塗料の効果が発揮されるということになります。

①屋根材が金属

トタン、ガルバリウム鋼板、アルミなどの金属屋根は、熱伝導率が高く、それこそ触れないほどの熱さになることも。表面温度がすぐに家の内部に伝ってしまいます。

②2階リビングの家

屋根から熱がダイレクトに伝わりやすいのが2階(もしくは最上階)。家族が多くの時間を過ごすリビングが2階にあれば、常に暑さを感じることになります。

③吹き抜けのある家

2階に伝わった熱が、吹き抜けによりさらに1階へと伝わります。広範囲にわたるため、冷房が効きにくくなるという問題もあります。

④黒や紺などの濃い色の屋根・外壁

白などの薄い色に比べ、黒や紺などの濃い色は熱を吸収しやすくなります。

遮熱塗料の効果はこんなところにも!

遮熱塗料を屋根や外壁に塗ることで得られるメリットは、室内の気温上昇を抑える以外にもありそうです。

①節電効果により、光熱費を抑えられる

室内温度が下がり、エアコンの温度も低く設定することができるので、光熱費の節約となります。

②屋根や外壁のメンテナンスがラクになる

熱による劣化を遅らせることができるため、屋根材・外壁材の寿命を延ばすことができます。特に金属製の材料には、金属の熱膨張を防いだり、塗膜の割れやヒビの発生を起こりにくくします。遮熱塗料の耐用年数は、約15~20年です。普及品の塗料は約6〜10年ですので、メンテナンスの手間やその都度かかる修繕費を考えるとお得ともいえるでしょう。

費用はどれくらいかかるの?

遮熱塗料を塗るタイミングは、暑さへの対処が第一になるかと思いますが、屋根や外壁を塗り替えたいと考えている際に、「どうせならば」と遮熱塗料を選択する手もあります。
かかる費用はおおよそ、施工費込みで3,000~5,000円/㎡程度。
外壁でいうと、一般的な2階建住宅の外壁を塗装した場合、塗装リフォームにかかる費用は約50~100万円が相場ですが、遮熱塗料は約80~130万円ほどになるでしょう。
先ほど、メンテナンスについて触れましたが、メンテナンスにかかる費用が遮熱塗料を塗ることで削減できれば、コストの面でも無駄がなく、さらに快適な住環境を得ることができ、一石二鳥となります。
また、遮熱塗料を使った工事は省エネ住宅リフォームに該当しますので補助金制度の対象になるかもしれません。お住まいの自治体に相談をしてみてください。