一軒家をまるごとリノベーションすれば、まるで新築のように大変身!

家が古くなってくると、リノベーションで暮らしやすい家にしようと考える人も多いはずです。部分的なリノベーションだけでなく、使える部分は残しながら、新築のように生まれ変わらせることもできます。外観はもちろん、間取りも変えることができるリノベーションの魅力を紹介します。

リノベーションとリフォームの違い

「家をリフォームする」、「家をリノベーションする」の違いが分かりますか?一般的にリフォームは、劣化した部分を元のように新しくすることを指し、リノベーションは性能や価値を高める状態にすることを指します。
具体的な例を挙げると、古くなった壁紙を張り替えたりするのがリフォーム、リビングとキッチンの壁などを取り払い、間取りを変え使いやすく部屋を作り変えるのがリノベーションです。
長い間暮らしていると、暮らす人も状況も変わってくることがあります。子どもが独立して部屋の間取りを広く取りたくなったり、両親が年齢を重ねたことで、バリアフリーにしたくなったりすることもあります。そんなときにリノベーションすることで、より暮らしやすい家にすることができるのです。

外観も変えられる、一軒家まるごとリノベーション

家もかなり古くなってくると、建て替えを考える人もいます。しかし、建て替えとなると、一度全部解体をして、新たに立て直すことになるので、まだ使える部分も全てゼロにしてしまうことになるのです。そこで、使える部分は残しつつ、新築のように生まれ変わらせることができる、今の家をまるごとリノベーションするアイデアを検討してみませんか?
一軒家をまるごとリノベーションする場合は、一度、外壁や床、屋根も剥がし、骨組みの状態にします。家の土台や骨組みをチェックし、劣化している部分があれば、交換や補強などをしてから、また新しく壁や床などを新しく作るのです。骨組みもまだまだ使えるものは引き続き使うので、材料費が抑えられることも魅力の一つでしょう。
また、一度骨組みの段階まで解体するので、新しく間取りを取り直すことも可能です。まるで、新築のようになるので、中古物件を購入し、リノベーションをして住むという人も増えています。

部分的なリノベーションでも間取りの変更ができる

一軒家まるごとのリノベーションは、予算的にも厳しいけれど、よく使う部屋はリノベーションしたいという意見もあるはずです。もちろん、部分的なリノベーションも可能です。たとえば、リビングとキッチンの壁を取り除いて、リビングキッチンに間取りを変更したり、使わなくなった子供部屋を客間に変えたりなどもできます。
段差をなくすためのバリアフリー化なども、高齢の方と一緒に暮らしていくには必要になるリノベーションです。まずは、部分的なリノベーションで、暮らしやすい家への一歩を踏み出してみましょう。

リノベーションにかかる費用は?

リノベーションをしたいと思ったときに、やはりに気になるのはお金の問題です。どれぐらいかかるのかが分からないと不安ですよね。
とはいえ、一軒家まるまるリノベーションする金額と、部分リノベーションでは金額は大きく異なります。
床の段差をなくすバリアフリー化のリフォームでは、10万円程度からできます。トイレや洗面所、お風呂など、水まわりのリノベーションでは、それぞれ50万円~100万円程度が相場と言われています。一軒家丸々をリノベーションし、間取りも変えるとなると500万円~800万円程度の費用がかかってくるのが相場なようです。
一軒家を改めて新築するとなると、全解体費用や排水管工事なども必要になってきますが、リノベーションなら、今後も充分に使えるものは、そのまま活かすので、費用を抑えることにも繋がるのです。
また、リノベーションには、さまざまなお得な制度もあります。
バリアフリー化、省エネ化、エコリフォームなどの工事には、行政から補助金を受けることができたり、減税対象になったりもするのです。
その対象は多岐に渡り、中古住宅の購入にも政府から補助金が出ますし、リノベーション、リフォームで地方自治体から補助金が受けられる場合があります。住宅ローン減税や、固定資産税の減額、贈与税の非課税などもありますので、それらの制度を上手に使えば、お得にリノベーションもできるはずです。

家族が安心して過ごせる家にリノベーションしましょう

人は誰しも年を取ります。いつ、どんなときに病気になるかも分かりませんし、健康だったとしても、足腰が弱くなったりして、若い時に当たり前にできたことが難しくなってくることもあります。住んでいる人に合った形に家を変えていくことは自然な流れです。つまづきにくいようにバリアフリーにする。立ち上がりやすいように手すりを取り付ける。お風呂場の床を滑りにくいものに変えるなど、家族のため、自分のためにできるリノベーションはたくさんあります。
最近では、大きな災害への備えも必要になってきており、家族が安心して暮らしていくために、耐震工事を行う人も増えています。
家族が心地よく、暮らしやすい空間を作るためにリノベーションやリフォームを上手に利用してみてください。